交通事情について

東京は縦横無尽に地下鉄が走っており、さらに地上でもJRがところ狭しと路線を張り巡らせています。

どこへいくのも一通りではない行き方があり、また私鉄を組み合わせることで値段も結構上下します。
これによって通勤の定期券が遠回りで安いルートしか選べなかったりする問題も起こりますが…

ただこの通勤時の混雑さと列車の発車頻度は特筆に値します。

毎朝最短で三分間隔くらいで十数両編成の列車がホームに滑り込んできては発車していきます。

しかもそのほぼ全車両が超満員でうっかり奥の方に入ってしまうと目的の駅にたどり着いても降りれない可能性もあります。

そんな過酷な通勤事情に対応したライナー列車も多いです。これは追加料金を取って着席保証したりする列車のことですが、時にはそのライナー列車すら座れません。

このライナー列車もJRも私鉄ともに運用されており、一部私鉄は地下鉄発車でライナー列車を運転していたりします。

こうした違う会社間の相互乗り入れも盛んです。山手線の内側は地下鉄がほとんどを占めますが、その外縁部に私鉄のターミナルや直通用の駅がありそれを利用して東京都外からの私鉄列車が乗り入れているのです。

このような相互直通乗り入れは一度ダイヤが乱れると困り者ですがそれ以外では便利な足となってくれます。