治安は良いのか!?

治安は、場所によって違うのが東京です。
東京には、色々な街があります。

治安が良いのは、高所得者の住む、大きなお屋敷がある区が多いのです。
そういった街では、犯罪者がほとんど住んでいません。

でも、低所得者の多い区には、犯罪が多い傾向にあります。
下町と呼ばれる場所は、治安があまり良くないのです。

多くの外国人が住み、不法滞在者が多くいたりします。
すると、麻薬の売買が多く、そこに訳有りの人々が多く集まります。
すると、どうしても犯罪が増えるのです。

薬を買う費用を集める為に、強盗や窃盗が頻発している事が多いのです。
暴力団が住むのも、そういった場所が多いのです。

東京でも、ビジネス街ではあまり犯罪は起きない傾向にありますが、
若者が多く集まる渋谷区や新宿区では、毎日のように事件や事故が起こっています。

どうしても、血の毛の多い若者が多く集まる場所には、治安が悪いのです。
それを改善する為に、商店街の人々やパトロール隊が24時間体勢で見回りをしています。

見回りをやった事により、犯罪の件数も減少しています。
又、街からゴミが少なくなりました。

商店街の人々がゴミを拾う様子を見て、捨てなくなった人も多くなりモラルの向上が進んだのです。

東京の街も、20年前から比べれば、治安が良くなりました。

素敵な人と出会ってもし東京に住む機会が出来たら、参考にしてみてはいかがでしょうか。