不思議な街

多くの住人が住むのが東京です。
日本全国の都道府県の中でも、その人口はとても多いのです。
ですから、東京は人口密度がかなり高いのです。

群馬県よりも、神奈川県よりも、栃木県よりも土地が狭いのに、人口が多い為に一人辺りが住める範囲がとても狭いのです。

ならば、栃木県に住んだら良いのではないかと感じるのですが、東京に住んでいる人は、東京が良いと言います。

人が多い方が安心できますし、夜でも明かりが多いから良いと言うのです。
でも、そこに住む人の多くは、知り合いがあまりいない人が多いのです。

東京という所は、地方から若い時に出て来て移住した人が多く、親戚や両親が、遠くに居るという人が多いのです。

そのまま何年も仕事の為に住む人が多く、退職まで帰らないという人が多く住みます。
そのうち東京で異性と出会い、そこで子供を生み育てるのです。

とても部屋の狭いアパートや、家賃が高いマンションへ住みます。
ほとんど家賃の為に働いているような生活で、貯金がほとんど出来ないという人が多いのです。

でも、やっぱり東京が良いと言うのです。

知り合いは居ないけど、人の目が田舎よりも無く、自由な発想をしても大丈夫で、食べたいものはすぐに買えるし、遊ぶ所もたくさんあるからと言います。

なんとも不思議な東京なのです。