多くの仕組みが最強

東京が稼ぎやすいということと、首都なので一番手を感じやすい点がメリットでしょう。

少しでもお金持ちの人と出会いたいと思っている人は東京で出会いのチャンスを見つけると良いかもしれません。

それは地方からみて東京が一番メリットがあると思うことがあるだけでなく、実際東京(関東圏)に暮らしていて、都内でというここが一番という思い込みでビジネスをやっていることがよくあります。

実際その審議をすれば、実際も一番でしょう。

経済が蓄積していて、それも現場労働系とか工場系よりも、どちらかというと大企業の取引ビジネス的な職種が多いので、そういう仕事にはとくに機会があります。

いうなれば、鳥取に大手家電メーカーの太陽光パネルができたといって喜ぶ人もいるかもしれませんが、確率的に大企業の本社がある東京のビジネスマンが仕掛けていることにもなるし、たとえ支店が仕掛けても、最終的に本社のある東京のビジネスマンの利になっているという仕組みができているところがあります。

マクドナルドは典型的で、本部の東京のビジネスマンの年収は1000万円とすれば、各店舗の店長クラスのほか、アルバイト雇用ばかりで地方に暮らす、結果的に地方に貧乏人が増え、東京に富裕層ができるという仕組みなのです。

仕組みが最強なのは、とりわけ納税したら、地方税だけでなく国税でごっそりで霞ヶ関の役人の給料袋に反映されます。